食物繊維の一種「難消化性デキストリン」

今回は、脂肪の吸収を抑えると言われている「難消化性デキストリン」についての投稿です。

難消化性デキストリンは読んで字のごとく、「消化しにくいデキストリン」ということになりますが、その性質を活かして、私たちのカラダで多くの働きをしています。

その働きは、以下のようなものがあります。
1,食後の血糖値上昇抑制作用
2,食後の血中中性脂肪上昇抑制作用
3,整腸作用
4,内臓脂肪の低減作用
5,ミネラルの吸収促進作用

ここでは気になる1,2の健康作用について紹介していきます!

ブログ画像

○食後の血糖値上昇抑制作用
難消化性デキストリンの主な働きの1つ目は、食後の血糖値の上昇を抑える働きです。
食事から摂った炭水化物は、体内でブドウ糖に分解されます。
そのあと小腸で吸収されて肝臓へ送られます。
この小腸で吸収されるときに、難消化性デキストリンの働きで糖分の吸収を抑え、食後の血糖値の上昇をおだやかにすることがわかりました。

ブログ画像

○食後の血中中性脂肪上昇抑制作用
難消化性デキストリンの働き2つ目は、食後の血中中性脂肪の上昇をおだやかにする作用です。
中性脂肪は「脂肪」の2文字が名前に入っているため、悪者のように感じますが、本来は私たちのカラダを動かすエネルギー源として働きます。
ただし、エネルギーとして使い切れずに余ってしまったものは、カラダに蓄えられてしまい、そうなると肥満の原因になりかねません。
お腹周りに脂肪がついたと感じる方や脂肪の多い食事を摂りがちな方などにも難消化性デキストリンは有効に働きます。

私たちの身近にあるものでは「からだすこやか茶」にも含まれています。
ダイエットに合わせて飲んでみるのも良いかもしれませんね!
ただし、過剰な量の摂取は「下痢」や「腹痛」にもつながるため注意しましょう!

神戸市灘区六甲道駅でダイエットができるパーソナルトレーニングジムをお探しの方は【Reset】へ☆

「これまでにジムに通ったことがあるけど効果が出ず続かなかった」

「肩こりや腰痛に悩んでいる」

「効率的に体を変えたい」

「マンツーマンでヨガを受けたい」

こんな方におすすめです!

またResetに通う方のほとんどは、トレーニング経験や運動経験のない方です!

ジム初心者だけでなく【マタニティ】【産後】の体作りをしていきたい方にもおすすめです☆

まずは、こちらの無料体験予約フォームよりお申込みを!

本気で体を変えたい方は、ぜひ一度、ご来店ください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

提携ジム 灘駅前 パーソナルトレーニングジム 【Restart】

【Restart】ホットペッパービューティ

    コメントを残す