【日焼け】による肌トラブルと対策 Part2

■うっかり日焼けをしやすい場面は?
日陰や家の中にいる時、曇りや雨の日などです。
紫外線は日本では6~8月に最も多くなり、1日のうちでは正午頃に紫外線量がピークを迎えます。
次のようなシーンではうっかり日焼けをしやすいので特に注意しましょう!

ブログ画像

・日陰
地面などに反射して届く反射光にも紫外線は含まれ、日陰でも直射光の50%程度の影響を受けます。

・曇りや雨の日
うす曇りでも晴天時の約80~90パーセント、曇りでも約60%、雨でも約30%の紫外線を受けます。

・水中
水はわずかな紫外線しか防ぐことができないため、海やプールでは注意が必要です。

・山・高原
紫外線は標高に比例して量が増えます。高原でのハイキングや登山などでは涼しいからといって油断は禁物です。

・室内・車内
UVBはガラスでかなり遮られるが、UVAはガラスを透過します。
UVカット加工されたガラスや遮光カーテン・フィルムなどを使用したり、運転時にアームカバーやサングラスを着用したりするなどの対策をおすすめします。

ブログ画像

■日焼け止めを効果的に使うには?
肌タイプと使用場面に合った物を選びましょう!
日焼け止めは、容器に記載されているSPF値、PA値を参考に、自分の肌タイプと使用するシーンに応じて選ぶと良いでしょう。
SPFはUVBを防ぐ指標で数値が高いほど効果が高く、PAはUVAを防ぐ指標で+の数が多いほど効果が高くなります。
目安として、日常生活ではSPF15~30、屋外のスポーツではSPF30~50くらいの物を使用するとよいでしょう。
量が少な過ぎると効果が得られないので、十分な量を塗り、2~3時間おきに塗り直すのがポイントです。

ブログ画像

■うっかり日焼けをしてしまったら?
日焼けは「やけど」です。冷やして炎症を抑えましょう!
日焼けは症状が軽くてもやけどの一種なので、まずは冷やして皮膚の炎症を抑えることが肝心です。
日焼けした部分にタオルにくるんだ保冷剤や氷水を入れたビニール袋などを当て、ほてりがある程度治まるまで冷やし続けます。
日焼けした範囲が広い場合は、冷たいシャワーを浴びたり水風呂に浸かったりするのもよいでしょう。ブログ画像

冷やした後は、保湿剤を塗って皮膚の乾燥を防ぎます。
水ぶくれができた場合は、潰してしまうと治りにくくなったり、細菌感染によりただれたりするケースがあるので、潰さないようにして同様のケアを行いましょう。

 

神戸市灘区六甲道駅でダイエットができるパーソナルトレーニングジムをお探しの方は【Reset】へ☆

「これまでにジムに通ったことがあるけど効果が出ず続かなかった」

「肩こりや腰痛に悩んでいる」

「効率的に体を変えたい」

「マンツーマンでヨガを受けたい」

こんな方におすすめです!

またResetに通う方のほとんどは、トレーニング経験や運動経験のない方です!

ジム初心者だけでなく【マタニティ】【産後】の体作りをしていきたい方にもおすすめです☆

まずは、こちらの無料体験予約フォームよりお申込みを!

本気で体を変えたい方は、ぜひ一度、ご来店ください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

提携ジム 灘駅前 パーソナルトレーニングジム 【Restart】

【Restart】ホットペッパービューティ

    コメントを残す