ダイエットにおすすめのパン【全粒粉パン】 Part1

パンは、味のバリエーションが豊富で、持ち運びに便利、そして手軽に食べられることから毎日食べている方も多いと思います。

しかし、パン食には多くデメリットも存在します。

今回は、パンをもっと楽しむための「健康的な食べ方」や、パンの中でも栄養素が最も豊富な【全粒粉パン】を2回の投稿に分けて、ご紹介します

ブログ画像
■パン食の問題点と解決策

1,特定の栄養素が不足する
2,高カロリーになりやすい
3,咀嚼回数が下がる
4,パンに含まれる添加物の摂取

私たちが食べる一般的なパンは、特定の栄養素が不足してしまうということが考えられます。

また、多くのパンはパン自体に脂質を多く含み、さらにはパンと一緒に食べるおかず選びも高脂質になりがちなので、食事としてのカロリーが上がりやすいこともデメリットになります。

他にも、和食離れしてしまうことや、咀嚼回数の低下、添加物の摂取などもデメリットとしてあげられます。

これだけ、デメリットが見えてしまうとパン食はまるで悪いもののように感じてしまいますが、
パンの選び方や食べ方を工夫することで、これらのデメリットを改善しつつ、パン食を楽しむことは可能です。

ブログ画像

■栄養素抜群の【全粒粉パン】とは?
全粒粉は小麦粉の一種で、小麦についている胚乳と外皮や胚芽も除かず全てを粉にしたもののことです。

小麦の構造は、大きく分けて胚乳、外皮、胚芽に分けられており、一般的に料理に使われる小麦粉(薄力粉や強力粉)は、そのうちの胚乳部分のみを取り出し、粉にしています。

お米で言うところの、玄米のようなものです。
それに対し、全粒粉は、小麦についている胚乳と共に、外皮や胚芽も除かず全てを粉にしているため栄養素が高いのです。

ブログ画像

■全粒粉パンはなぜ良いの?
1,食物繊維
全粒粉は小麦の外皮や胚芽部分まですべてを粉にしているので、食物繊維や、ミネラル、ビタミンなどの栄養素が豊富に含まれています。
中でも、食物繊維は、「ゴボウの2倍」「強力粉の4倍」もあると言われています。
食物繊維には、お肌をきれいにしたり、お通じの改善、ダイエット効果、血糖値のコントロールをしたりする作用があります。他にも、様々な生理作用が認められ、とても重要な栄養素になります。ブログ画像

2,カリウム
カリウムも豊富に含まれており、血圧降下作用やむくみ防止の効果も期待できます。

続きは次回の投稿にてお話します。

神戸市灘区六甲道駅でダイエットができるパーソナルトレーニングジムをお探しの方は【Reset】へ☆

「これまでにジムに通ったことがあるけど効果が出ず続かなかった」

「肩こりや腰痛に悩んでいる」

「効率的に体を変えたい」

「マンツーマンでヨガを受けたい」

こんな方におすすめです!

またResetに通う方のほとんどは、トレーニング経験や運動経験のない方です!

ジム初心者だけでなく【マタニティ】【産後】の体作りをしていきたい方にもおすすめです☆

まずは、こちらの無料体験予約フォームよりお申込みを!

本気で体を変えたい方は、ぜひ一度、ご来店ください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

提携ジム 灘駅前 パーソナルトレーニングジム 【Restart】

【Restart】ホットペッパービューティ

    コメントを残す